断捨離の番組に出演しました!

先日、放送されたBS朝日の

「ウチ、断捨離しました!〜捨てられない 4家族片づけ密着ドキュメント〜”

に出演しました!

 

わたしの、、、、

 

 

 

ヨガをしているシルエットが!!

 

 

鼻があるんだか、ないんだか分からない所とか

間違えなく名木ですね笑!

 

さて、なぜ「断捨離」の言葉とともに

鼻のひくい女性がヨガのポーズをしているのでしょうか?

 

この「断捨離」という言葉は生みの親であるやましたひでこさん

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た言葉だそうです。

 

なるほど!ヨガの哲学からヒントを得ていたんですね!

 

わたしは、断捨離というと要らないも捨てる、どんどん捨てまくる!

という事だと思っていましたが。

この番組を見て、ただ物を捨てるだけではない

断捨離の奥深さをしりました。

やましたさんのHPより

断捨離とは一言で言うと「モノの片づけを通して自分を知り、心の混沌を整理して人生を快適にする行動技術」ということになります。

別の言い方をすると、家のガラクタを片づけることで、心のガラクタをも整理して、人生をご機嫌へと入れ替える方法。

要するに、片づけを通して「見える世界」から「見えない世界」に働きかけていく。そのためにとる行動とは、
 
「断」=入ってくる要らないモノを断つ
「捨」=家にはびこるガラクタを捨てる
 
です。そして「断」と「捨」を繰り返した結果訪れる状態を、

「離」=モノへの執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる私

と定義づけます。

断捨離は単なる掃除・片づけとは異なります。

「もったいない」「使えるか」「使えないか」などのモノを軸とした考え方ではなく、「このモノは自分にふさわしいか」という問いかけ、つまり主役は「モノ」ではなく「自分」。

「モノと自分との関係性」を軸にモノを取捨選択していく技術です。

まさしく、ヨガな考え方ですね!

 

さまざまの人やものと関わりながら生きている以上

必要なもの、そうでないものが次々と私のなかに入ってきます。

ちゃんと整理ができずに、入ってくるばかりになると

それらは蓄積して、だんだんと自分自身の快適な空間がなくなっていく。。。

風通しの悪いなかで、ほこりを被り、カビが生えてきたりするかもしれない。

それらは、持っていたとしても

自分を幸せにはしてくれないものです。

 

番組のなかで、「ミイラを火葬してあげてね」という言葉が

とても印象的でした。

感謝を込めて、お空に送ってあげた方が

埃をかぶったまま、よりずっといい。

 

ものを大切にすることは、勿論素敵なことだけど

「今」要らないものならば、思い切って断つという決意も必要だなと

番組のご家族を拝見しながら思いました。

 

自分から決断をして、モノからの執着から離れた方々は

とっても清々しいお顔をしていて、お部屋の空間とともに

いいエネルギーが流れているんだなと感じました。

 

心にも、身体にも、大切な身を置く家や部屋にも

心地のいい空間を。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です