【残席2️⃣7/12(日) 特別WS】集中力が最大限に極まるプラーナヤマ(調気法)

こんにちは!

ヨガサロンShima Shimaの名木 絵理沙です。

 

梅雨に入りじめじめとした日が多いですが

いかががお過ごしでしょうか?

 

湿度が高く空気が重たく感じるので

呼吸が無意識に浅くなっていませんか?

 

また、梅雨が苦手で憂鬱な気分になり

息苦しく感じる方もいるかも知れませんね。

 

私たちは一日に何回呼吸をしていると思いますか?

 

流石に数えたことはありませんよね!笑

 

 

人は平均して1分間に15〜20回呼吸をしていると言われています。

1日に換算すると約3万回です

 

そして、呼吸をしないとたったの5分程で

命を落としてしまいます。

 

それくらい、息、呼吸をすることは

生きる為に必要で大切な行為なのです。

 

 

そしてこの呼吸は私たちの精神状態と深く関わりを持っています。

 

私たちの心に僅かでも緊張が生じた時

その緊張の分だけ鼓動が高鳴り、息にも乱れが生じます。

 

心臓がバクバクして、

息がハァ〜ハァ〜しますよね?

 

緊張を何とか頑張って表情に出さないようにと頑張っても

同調する息、呼吸の乱れを抑えることはできません。

 

心と呼吸は常に一心同体です。

ゆったり深呼吸をすれば心ものびのび解放されて

 

逆に荒々しい息を繰り返せば、気持ちが高ぶったり、焦りを生じます。

 

その呼吸を使って

心をコントロールしようと確立されたのが

ヨガの呼吸法です。

 

 

実際に呼吸法をしっかり練習されている生徒さんは

 

「呼吸に集中していたら、瞑想が深まり頭がスッキリした」

 

「集中力が上がり、仕事を一気にこなすことができた」

 

「呼吸が深まることで、ポーズが上達した!」

 

など、呼吸の大切さを実感している方も多くいらっしゃいます。

 

 

そしてこの呼吸というのは

「気」「生命エネルギー」でヨガではプラーナと呼びます。

 

呼吸は私たちが生まれた瞬間から命を終える瞬間まで

絶え間なく繰り返されています。

 

呼吸と同じように鼓動(心臓)も働きを続けていますが

鼓動は自分でコントロールすることはできません。

 

ですが、呼吸は運動神経を介してある程度コントロールが可能です。

この呼吸をコントロールすることで

自分の身体も心も自在に舵取りをすることが可能になるわけです。

 

今回のWSでは呼吸の質を高める方法や

呼吸から瞑想へと向かう集中状態を高めるワーク

呼吸とプラーナ、プラーナヤマ(調気法)について

を解説・実践していきます。

 

 

《主な内容》

 

・呼吸の仕組み

・呼吸がもたらす精神的・身体的効果とは

・呼吸筋の筋膜リリース

・胸式呼吸と腹式呼吸

・質の良い呼吸をするための姿勢を作る

・5つの呼吸法の練習

・プラーナ・プラーナヤマとは(調気法)

・呼吸の完成形

 

\こんな方にオススメです/

 

・質の高い呼吸を目指す方

・呼吸についてを深く知りたい

・集中力のコントロールをしたい

・自分にあった呼吸法を知りたい

・日常的に呼吸法の練習をしたい

・普段から呼吸が浅い、息苦しさを感じる時がある

・深い呼吸ができているのか分からない

・呼吸法で体調を整えたい

 

 

 

特別WS ・集中力が最大限に極まるプラーナヤマ(調気法)

 

 

日時:2020年7月12日 (日)  10:00〜11:30 (90分)

持ち物:ヨガマット、動きやすい服装、水分

場所:オンライン(Zoomシステム使用)

料金:通常4,500円→今回はオンライン特別価格にて  

ビジター3,900円、チケット消化×2、フリーパス+1,000円

講師:名木 絵理沙

 

レッスンの予約はこちらから

 

 

オンライン受講やレッスンについての詳細は

こちらから

 

ご質問等は公式LINEから気軽にどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください